ページの本文へ
キャリア継続支援

キャリア継続支援

山口大学研究支援制度

山口大学では、出産・育児、介護等のライフイベントを経験する研究者に対して種々の支援をしています。ダイバーシティ推進室が中心になって行っている支援制度を以下にまとめます。

支援支援対象支援内容
研究力向上支援育児休業等から復帰した女性研究者等に対する研究活動復帰支援産後休暇、育児休業、介護休業より復帰した女性研究者、配偶者が研究者である本学男性休業復職者論文投稿料、学会参加費等
上限100,000円。復帰1年以内
任期雇用されている教育職員の任期延長出産、育児、介護のため、教育研究期間を中断し、任期期間内に成果が十分得られなかった教育職員休業期間の範囲内で、任期を延長し、再任審査を受けられるようにする。
研究補助員制度妊娠中の教員、妊娠中の研究者を配偶者とする教員、小学校6年までの子を養育中の教員、介護中の教員等各教員が指導している学部生、大学院生等を研究補助員として1教員当たり150時間/半期を上限に雇用できる。
URA(リサーチ・アドミニストレータ)の配置教育・研究職員研究支援専門部署として、URA(リサーチ・アドミニストレーター)が各キャンパスに配置され、研究活動推進に関する情報提供、研究継続や研究費獲得のための助言などを行う。
研究費情報(学術研究部)教育・研究職員競争的資金、研究助成等の公募情報をデータベース化し、ホームページに掲載。
メンタル支援女性研究者メンター制度新任研究者(概ね2年以内)着任して間もない女性研究者等に対し、教育・研究、大学運営等の業務上の疑問や悩み等を相談できる先輩教員を紹介する制度。
カウンセリング全職員毎週木曜日、小串キャンパスは医心館で専任カウンセラー(臨床心理士)が、職場や日常生活などにおけるあらゆる相談に対応。
次世代育成支援不妊治療のための休暇不妊治療を行う職員不妊治療を行うための通院の時間を特別休暇として取得できる。年10日以内。
病児保育施設利用助成職員(非常勤職員の場合は社会保険加入者)子(小学3年まで)を病児または病後児の保育施設に預ける場合の利用料金の補助。ダイバーシティ推進室に事前登録後、利用1ヵ月以内に請求。