ページの本文へ
復職支援

復職支援

支援例

医師の経験年数や家庭環境などによって必要な支援は異なるので、下に挙げた事例はあくまで例です。問題点に対処する時にだれかがサポートできれば復職が少しは容易になると思います。研修病院でも、働き方に関する助言を担当する人はおられると思いますが、育児・家事のレベルでは自分で解決するしかなく、そのような情報提供を行い、アドバイスできる人がいればいいと考えます。復職に対するmotivationを高めるのは、勤務先の上司や同僚の協力が必要です。

Case 1. 家族:夫、生後5か月の子

研修医の間に結婚。研修医終了直後に出産、産休・育休で6か月間離職。フルタイムで大学病院での復職(研修)希望。夫は同級生の医師。育児は保育所を利用。

  • 置かれた状況
  • 専門領域のキャリアは新人→学習量・仕事量は膨大
  • 育児の90%、家事の70%は妻が担う。両親等の家族のサポートなし
  • 復職に際しての問題点
  • 仕事の絶対量が多く、ノルマをこなすには、計画的、能率的な取り組みが必要。
  • 育児中は子の突発的な出来事が起こり、職場を離れなければならないことも多い。 保育園の他、病児保育の受け入れ先、個人で対応してくれるサポーターが必要。
  • 家事のアウトソーシングも必要になる可能性あり。
  • 復職形態
  • 希望の専門科との話し合いにより、診療助教としての業務を行う。
    勤務日:4日/週:複数主治医体制により緊急呼び出しはなし。夜間当直は免除、保育園利用可能な土曜日直は月1-2回担当。
  • 育児:保育園、医師会保育サポーター

Case 2. 家族:夫2

初期研修終了後入局し3年間研修。その後結婚し出産、1年間の育児休暇取得。卒後7年目。臨床経験5年間。専門トレーニング3年間。専門医取得前。両親は緊急時の子ども対応はできる距離に住む。通勤可能な研修病院で復職し、専門医取得を目指す。

  • 置かれた状況
  • 専門領域の経験はある程度あるが、専門医未取得。これから取得意向。
  • 1年間の離職によるスキルの低下に対する不安あり。
  • 診療科の若手としての業務が増加。
  • 子は保育園利用であるが、病気、緊急対応は両親が可能
  • 復職に際しての問題点
  • 専門医取得のために必要なプログラムをどのように取るか。
  • 原職復帰前に、ウォーミングアップのトレーニングが必要か?
  • 週5日間、フルタイムで働けるか?短時間勤務の選択は?
  • 夜間当直はできるか。
  • 保育園と両親だけで育児のバックアップ体制は十分か? もう一人見守りを雇用する必要があるかもしれない。
  • 復職形態
  • 通勤可能な研修病院で受け入れ承諾。但し、診療業務に慣れるため、1か月間は、指導医とともに外来、病棟業務を担当する。2か月目から単独診療。4日/週勤務。専門医取得のために必要な症例を受け持つため、1日/週他院で診療。子が3歳までは夜間当直免除。応じるが、夜間、夫の不在時は困難。あらかじめ、やれることとやれないことについて診療科と話し合っておく。
  • 育児:院内保育所、緊急時、保育所退所後のチャイルドシッター先を決めておく。
  • 週1日 家事代行サービス利用。

Case3. 家族:夫 5歳と3歳の子

他県の大学を卒業。卒業後8年間はフルタイムで勤務し、専門医取得後。夫が山口県に転勤したため、一旦離職。その後2回の妊娠・出産・育児のため3年間離職。その後、週2回の検査だけのパート医師として3年間働いたが復職希望。

  • 置かれた状況
  • 内科専門医は取得したが、さらに指導医を目指している。
  • 離職期間3年、パート期間3年と医療現場から長期に離れていたので、緊急対応など慣れる時間が必要
  • 知人、家族など、子の緊急対応できる人がいない。
  • 復職に際しての問題点
  • 専門医は取得しているが、離職期間が長いため、緊急対応など一人で行うのは難しい。6か月間程度のウォーミングアップが必要か。
  • 指導医資格取得のために必要な診療ができる病院が遠い。
  • 子の緊急対応可能な個人のサポーターの雇用が必要となる。
  • 復職形態
  • 受け入れ病院の通勤距離が長いため、勤務時間を短縮し、待機は免除、当直は行うことになった。
  • 育児:保育園、学校以外に、子どもをみ、家事もできる個人のチャイルドシッターを雇用。夫と協力して対応する。

Case 4. 家族:夫、1歳子

卒業後、初期研修を修了後、夫の海外赴任に同行。2年後に帰国。1歳になる子がいるが、後期研修から開始希望。当直等の免除をする病院は近くにない。夫は比較的時間の融通がつく大学研究者。サポートしてくれる家族は近くにいない。保育サポーターもいない。

  • 置かれた状況
  • 診療経験が浅い。
  • 短時間勤務や当直免除などなく、他の男性医師と同様の勤務を求められる。
  • 夫以外に育児等のサポートできる家族がいない。
  • 夫は時間的に融通しやすい仕事で、女性医師が当直でも子の世話はできる。
  • 復職に際しての問題点
  • 診療経験が浅いため、初歩的段階から研修が必要か。
  • 当直の時、1歳の子をどうするか。
  • 保育園以外は子を預ける施設、人はない。
  • 復職形態
  • 研修病院の専門科で後期研修。但し、3か月間は、指導医のシュライバーや初期研修医と同様の注射当番なども担当。当直、待機すべて行う。
  • 育児:保育園の送迎、当直時の世話などすべて夫が担当。緊急時のために、ファミリーサポートセンターを通して保育支援者を確保。