ページの本文へ

「医療人キャリア支援室開設記念講演会」を開催しました。ご参加の皆様ありがとうございました。

 2月17日18:00より、木下牧子先生をお迎えして、「女性医師キャリア教育における学習目標」と題して講演会を開催いたしました。

 田口病院長、谷澤医療人育成センター長、澁谷医療人キャリア支援室長のご挨拶から始まり、木下先生のご講演の内容は、女性医師に限らず、すべての医師のキャリアを考える上で示唆に富むお話でした。講演会の最後に、澁谷先生から、今年4月開設予定の「女性医療従事者のための更衣・休憩・仮眠室」、10月リニューアル完成予定の新しい「タンポポ保育園」の概要が紹介されて終了しました。

 木下先生は山口県下関市ご出身で、高校卒業後は東京女子大で学ばれ、政治工学研究所勤務、医学部入学、米国留学、世界各地での勤務後、6年前に山口の光風園病院に戻られたという多彩な経歴の持ち主ですが、同時に、日本医学教育学会の理事としても活躍されています。その中でも、「女性医師キャリア教育検討委員会」の委員長として、女性医師がその使命を正しく認識しその責務を果たすためのキャリア教育の重要性、そして、その学習目標をまとめるという大きな任務を果たされたところです。今回はその内容をお話しいただきましたが、女性医師の増加とともに起こってくる問題を解決するための糸口を示唆していただいたという点で、貴重なお話でした。

 参加者は、学外からの参加者も含め総勢76名、内、学生さんは52名、これから医師となる時期にこの講演を聴いていただけたことは大きな財産になったと思います。最後の質疑応答で、一人の男子学生の質問、「将来医師として働き始めた時に、男性医師に求められる最も重要なことは何と思うか。」に対して、「男女に限らず、共に働く仲間として相手をrespectすること」というメッセージで締めくくっていただきました。

木下先生、参加してくださった皆様、ありがとうございました。