ページの本文へ

「第四回医療人キャリア支援室キャリアアップセミナー」を開催しました。ご参加の皆様ありがとうございました。

医療者のストレスケアのヒント
~セルフケアの基本&マインドフルネス瞑想の活用~

 11月2日17:30~19:30に、表記のタイトルで、精神科医師であり、産業医で、かつ作家でも活躍中の奥田弘美先生の講演会を霜仁会館で開催しました。今回の講演会には、院内の様々な部署から多くの方にご参集いただき、まことにありがとうございました。

 ご講演では、精神科専門の産業医としてのご経験から、ストレスとは何か、ストレスが生まれる原因、ストレスに対する体の反応、ストレスから病気に進展させないための対策などわかりやすくお話しいただきました。最後には、最近先生がはまっていると言われる“マインドフルネス瞑想”についてのお話と実技指導までしていただき、2時間の講演時間があっという間に過ぎてしまいました。

 奥田先生は平成4年に山口大学医学部を卒業され、その後、ご実家のある奈良に戻られ、神経内科医としてのキャリアをスタートされました。その後、先輩女医さんの助言で精神科に転科され、精神科医として勤務される過程で、職業人のメンタルヘルスに興味をもたれ、産業医の資格も取得、今では、16企業の産業医として活躍されている方です。医師としての活動の他、作家としての執筆活動でも、「精神科医の脳ダイエット : 思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず! : 出費ゼロ!ツラさゼロ!リバウンドゼロ!!」「何をやっても痩せないのは脳の使い方をまちがえていたから」「女医が教える働く男の怒りと疲れをパワーに変える処方箋」「部下をうつにしない上司の教科書 : メンタルダウンを防げ!」「精神科医もやっている うつが逃げ出す50のコツ」等々、ベストセラーも数々生み出される活躍ぶりです。

 このようなご活躍も、その時々にやるべきことをきっちりしてこられた背景があってのことだということが、ホームページ「女性医師キャリア支援ネット in 山口」の“こんにちは!先輩”に寄稿していただいたメッセージから納得できました。追って、ホームページ上に先生のキャリアモデルとしてのメッセージを公開しますので、どうぞそちらもごらんください。