ページの本文へ

第十回医療人育成センター医療人キャリア支援室キャリアアップセミナーを開催しました。たくさんの皆様のご参加、ありがとうございました。

 去る2月2日、山口大学医学部キャンパス内の霜仁会館において、第10回キャリア・アップ・セミナーを開催しました。講師は、岩田喜美枝先生、タイトルは「女性活躍推進と働き方改革 -医療現場へのヒント- 」でした。岩田先生は、東京大学卒業後労働省に入省され、女性労働問題や国際労働問題を担当、厚生労働省雇用均等・児童家庭局長を歴任された後、資生堂やキリン・ホールディングの取締役、さらには21世紀職業財団の会長を2018年6月まで勤められた方です。

 ご講演は、女性の活躍推進の基本方針は、仕事の継続とキャリア・アップという2つの視点で進めるべきであるということから始まりました。仕事と子育ての両立はなんとかできても、昇進・昇格への道から離れ、負担の少ない仕事ばかりに甘んじる、いわゆる“マミートラック”に陥らないよう、キャリア・アップへの道を女性にも開くことが重要であり、そのための意識改革が、管理職にも女性自身にも求められることをご自身の経験を交えて話されました。意識改革の内容を具体的にまとめてくださったのでご紹介します。まず管理職側の意識改革は、育成は男女差別をしない、活躍を期待していることを本人に伝え、鍛える、性別役割分担意識を払拭する、女性側の意識改革としては、自信をもって新しい仕事にチャレンジする、時間当たり生産性の高い働き方をする、ここぞという時は育児等を言い訳にしない、年齢に関係なく成長できることを信じる、次世代女性たちの力になる、ということでした。

 ご自身が職業人として管理職までキャリア・アップを成し遂げられ、同時に子育てや介護なども経験された家庭人としての役割も果たしてこられた方ならではの、職位、男女にかかわらず、参加者全員への温かい励ましにあふれたご講演でした。