ページの本文へ

第6回 岡山MUSCUTフォーラムに参加してきました。

 岡山大学では、平成19-21年度文部科学省医療人GPに始まる女性医療人支援に続き、平成22年度からは岡山県の委託事業として、また平成27年度は厚生労働省の女性医師キャリア支援モデル事業にも採択され、女性医師支援に関しては先駆け的な活動をしておられます。

 フォーラムは、学長、県医師会長、岡山県の担当者のあいさつに始まり、MUSCUTプロジェクトの概要説明、続いて、名古屋市立東部医療センターの名誉院長、津田喬子先生の特別講演「社会に生かす、私のキャリア」、参加者のグループ討論とその発表、最後にこれまでMUSCUTの事業に協力してこられた方々の表彰が行われました。

 MUSCUTの活動の一つに、常勤勤務が難しい医師のためにキャリア支援枠を作り、医員として、個々の状況に応じた働き方のできる枠があり、診療科や男女に関係なく利用できる制度を作っておられます。この制度の利用者は今年度中に100名を超える予定で、多くの利用者が常勤医師として復職し、活躍されているとのことです。


フォーラムのパンフレット